モデルルームというと、おしゃれな雑誌に出てくるような洋風のものが多いイメージがあります。

モデルルームに惚れて購入したマンション
モデルルームに惚れて購入したマンション

モデルルームというと

★女性 39歳
モデルルームというと、おしゃれな雑誌に出てくるような洋風のものが多いイメージがあります。
元々、和のものが好きだった友人は、新しいマンションのモデルルームに行った時、日本家屋をイメージして作られている室内にひとめぼれして、そのままの勢いで購入の契約を結んだそうです。
彼氏もいなく、しばらく結婚の予定もなく、今後のライフプランも未定でわからない状態で、それなら自分の好きな趣味に生きていこうと思い、それまでの貯金を頭金にしてローンを組んだそうです。

家に帰ると、お気に入りの和テイストのマンションの自室でリラックスでき、精神面も安定したのか仕事でも成績がアップして、昇給・昇格しました。
そうなると内面の充実が表れるのか、女性としてもさらに魅力的になり、今までが嘘のようにもてるようになったそうです。
彼女は「人生で3度来るモテ期がいま来ている」と大喜び。誘ってくれた男性の中から趣味や考え方の合う人と出会い、その和テイストマンションでめでたく新婚生活を送っています。
モデルルームに惚れて購入してから、人生が一気に好転したとても素敵な例だと思います。

築年数がかなり経過した一戸建てで暮らしていたので

★男性 39歳
築年数がかなり経過した一戸建てで暮らしていたので、近いうちに住まいのことを考えないといけないと家族で話し合っていました。
今後も一戸建てで暮らすつもりで、家族の意見はある程度まとまりつつありました。

ある日、買い物に出かけた時、何気なくモデルルームの前を通りがかったので、家族で一緒に入ってみることにしました。
特に強引な勧誘はいっさいなく、むしろ丁寧に説明をしてもらいました。

それよりもそもそも古い住まいに暮らしていたので、モデルルームのあらゆるものが眩くて、あこがれてしまいました。
家具などのインテリアは別途購入なので、ワンランク上のものを展示しているようですが、それをのぞいても古い家に暮らしている家族からすると、最新の住まいは暮らしてみたいまぶしい存在になりました。

その結果、マンションで暮らしたいという気持ちで家族の気持ちがひとつにまとまりました。
それから物件の購入まで、それほどの期間がかからずにスムーズにはかどりました。

Copyright (C)2018モデルルームに惚れて購入したマンション.All rights reserved.